口コミの太陽光発電

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 乳酸菌が生きているかどうか

乳酸菌が生きているかどうか

私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳になったところのことでした。

 

膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。

 

そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、かゆみを繰り返し起こし、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。

 

結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。

 

知っての通り、アトピーは大変に苦しい症状になります。

 

季節関係なしに1年中耐え難いかゆみとの闘いになります。

 

夏は汗のせいでかゆみが増し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。

 

そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸が困難になってしまう可能性があります。

 

乳酸菌と言って思い出すのはカルピスかもしれません。

 

子供時代から、日々飲んでいました。

 

どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。

 

母親が毎朝、私に飲ませてくれました。

 

なので、私は便秘知らずです。

 

もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげでとても健康体になりました。

 

お腹が便で膨れて苦しんだ事って絶対に一生に一度は誰もが体験することの一つだと思います。

 

私もその一人で、大変な時は一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。

 

お通じの改善に役立つ薬もありますが、私はアレをあまり飲みたくないので、ごく自然に排便を促してくれるオリゴ糖で改善しています。

 

穏やかに効いてくれるのがいいと思います。

 

腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのは誰でもわかっています。

 

しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果が出ないのではという疑いを持つひともいます。

 

実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、それが身体の健康づくりにとても効果的です。

バルクオム安い