口コミの太陽光発電

人気記事ランキング

ホーム > 糖尿病 > 糖尿病のための食事について

糖尿病のための食事について

糖尿病にかかってしまうと、食事療法が必要とされますが、その大きなポイントは二つあります。糖尿病 食事療法 まず注目したいのが食事量です。過食やまとめ食いをすると悪影響を及ぼしますので、それを控えることによって、受容体の働きをよくすることにつながり、インスリンが効率的に使われるようにすることを目指すといいのです。そのことで膵臓への負担を軽減できるので、実行する価値があるのです。そして、食べるタイミングにも気配りが必要です。朝食を抜いたりすると、昼食時にまとめてたくさん食べてしまうことがあるので、結果的に負担が大きくなります。更には、生活のリズムが乱れがちになることも想定されますので、他の部分にも影響が出ることが考えられます。また、食事の際の咀嚼を注意するとさらに効果的です。意識してゆっくりとよく噛んで食べると満腹感を味わえますので、いい方向に進みます。さらには、順番にも工夫を凝らすといいです。魚や肉を食べる際には、米飯の前に食べるようにすると、胃の動きを緩やかにするホルモンであるインクレチンがたくさん分泌されると考えられています。そのようにすることで、結果的に血糖値の上昇が抑えられる効果が見られるのです。